企業不祥事対応コンサルティング

不祥事が起きた際の対応方法についてサポートいたします

アルバイトによるバイトテロ、食品偽装問題、異物混入事件、社員の不祥事・・・
企業の不祥事として扱われるニュースは近年、増加傾向にあります。このように増加する背景として、ネットにおけるソーシャルメディアの普及が挙げられます。

企業不祥事対応コンサルティングとは

不祥事が起きてしまった場合、多くの企業は社内で対応を検討するでしょう。外部に相談するとしても顧問弁護士といったところまでだと思われます。当社では企業の不祥事における対応を体系化し、サービス化いたしました。長年にわたりインターネット上での炎上、風評被害、誹謗中傷を扱ってきた当社だからこそのサービスです。
企業不祥事がインターネット上で扱われた場合、その反応は様々です。実際のところ経営者の方が心配するほど騒がれていなかったり、不祥事を起こしてしまった企業に対して同情するような意見が多くある場合もあります。ネット上の動向・世論をきちんと把握した上で対応を検討することが重要であり、これらを無視して自己判断で決めてしまうと逆に炎上してしまう可能性が高くなってしまいます。

このようなケースでお困りの方へ

「マスコミに不祥事として取り上げられてしまったが、どう対応してよいかわからない」
・会社の発表をホームページに載せるか否か。載せるならどういう内容、載せ方が良いか意見が欲しい。
・週刊誌や新聞といった媒体への対応をどうしたら良いかわからない。
・謝罪会見を含めて一連の不祥事にどう対応してよいかわからない。

企業不祥事対応コンサルティングの導入メリット

不祥事に対する対応はスピードが命です。対応が遅れるほど企業にとってはマイナスでしかありません。素早くデータを収拾し状況を把握することが何より重要です。ネット上の世論は膨大な数があり、それを収拾することは容易ではありません。当社の監視システムと専門スタッフをフル稼働させて対応にあたります。また集めたデータをどういう切り口で分析するかも明暗を分けるポイントです。経験と実績にもとづいて慎重な判断を要する本サービスは、数多くの風評被害対策を経験してきた当社独自のノウハウによって成り立っています。

お客様の声

・一時はマスコミや週刊誌に取り上げられて大変だったが、ネット上の世論を調べてもらい適切な発表ができた。依頼していなければ、過度に謝罪色が強い発表になってしまい、ネット上でもっと叩かれていたかもしれない。(飲食サービス業 役員様)

※当社が提供するのは技術的なサポートのみであり、法律に関するサポートは提供しておりません。

<<本サービスに関するお問いわせはこちら>>

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る