ネット選挙対策コンサルティング

選挙対策はマスコミからネットの時代へ

2013年4月に改正された公職選挙法により、インターネットを利用した選挙運動(ネット選挙)が可能になりました。候補者がブログやツイッターを開設し選挙活動をPRするといった行為は、もはや当たり前となりネット上での活動はリアルな活動と同じくらい重要視される時代へと変わってきています。

選挙対策コンサルティングとは

ネット上で選挙活動をPRすることは、言い換えれば“両刃の剣”でもあります。多くの人から共感や好感を得られる可能性もあれば、多くの人から批判やバッシングを受けてしまう可能性もあります。「どういう媒体を使って活動をPRをするか」、「どういう内容を載せるか」、「表現や言い回しは適切か」、「著作権、肖像権に配慮しているか」など、ネット上で公開するにあたっては注意をしなければいけないポイントが多々あります。そのような部分をプロフェッショナルである当社がサポート致します。

このようなケースでお困りの候補者の方へ

「パソコンやネットなんて、ほとんど使ったことが無いから不安」
「新しいメディアや媒体を積極的に選挙活動に利用していきたい」
「候補者全員に基本的なネットの使い方とリスクを理解させたい」

他社のサービスとの違いと優位性

ネット選挙が解禁された2013年4月以降、本サービスに対するお問い合わせは増加傾向にあります。恐らくこのようなサービスを提供する民間企業はまだ少ないのではないでしょうか。ネット選挙においては、既にネガティブキャンペーン(ネガキャン)などの意図的な仕掛けが散見されるケースも見受けられており、対応ケースは多岐にわたります。コンプライアンスを重視しネット上の動きを的確に把握することは安全かつ正しい選挙の実施にも繋がると考え、本サービスはネット監視のパイオニアである当社の使命とも考えています。

※当社が提供するのは技術的なサポートのみであり、法律に関するサポートは提供しておりません。

<<本サービスに関するお問いわせはこちら>>

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る