闇サイト(ダークウェブ)調査

サイバー攻撃、個人情報・機密情報売買、違法取引などの温床「ダークウェブ」

d001
公には存在が知られていない闇サイト「ダークウェブ」。映画やドラマの世界の話ではありません。実際にそのようなサイトは存在しています。そこではサイバー攻撃の準備、個人情報・機密情報の売買、違法取引などが日常的に行われ、アクセスできる人間も限られています。

これまで、サイバー空間における悪意ある攻撃からの防御は、攻撃を受けた際の防御といったように、受け身の対応に焦点を置いてきました。しかしシエンプレでは、ダークウェブの監視を通じて、悪意ある攻撃者の動向を把握し、攻撃の予兆をモニタリング致します。平常時からリスク情報を収集することで、攻撃に対して早期に対策を打つことが可能となります。

各国のサイバーセキュリティー専門家やホワイトハッカーとのネットワーク

d002シエンプレは各国のサイバーセキュリティー専門家やホワイトハッカーと常にコミュニケーションを取り、ダークウェブに関する情報を収集しています。
収集した情報をシエンプレが解析・リスク分析を行い、クライアント企業へ分かりやすい形で提供致します。

闇サイト(ダークウェブ)リスク調査サービスの概要

悪意ある攻撃からの予防 ダークウェブやブラックマーケットなどを調査し、企業に対する攻撃の予兆をモニタリングします。平常時からリスク情報を収集することで、攻撃に対して早期に対策を打つことが可能となります。
情報流出の調査 悪意ある攻撃を受けた際に、ダークウェブやブラックマーケットを調べ、情報の流出状況や悪用されていないかなどを調査いたします。
導入メリット ダークウェブやブラックマーケットの調査は、その技術的な難易度の高さから非常に難しい調査と言われています。また企業が自社で行う場合、調査した際にウイルスに感染し、被害を拡大させてしまうリスクがあります。企業コンプライアンスやセキュリティーポリシー的にも手が出しづらい領域となりますので、当社のような専門企業へ依頼する方法が最も安全かつ確実であり、現実的な手法と思われます。

闇サイト(ダークウェブ)リスク調査サービス プラン内容

基本内容 以下のレポートを毎月ご提供いたします。

  • ダークウェブの最新動向(トピック別)
  • 統計情報
  • クライアント向け個別情報
    (業種や展開ビジネスに合わせてカスタマイズ)
オプション 情報流出等の非常事態が発生した場合の緊急対応です。

  • ダークウェブやブラックマーケットの緊急調査
  • プレス対応支援

<<本サービスに関するお問いわせはこちら>>

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る